linux note
     linuxのコマンドがカテゴリ別の一覧で確認できます。



 

Linux Note(トップページ) > ファイル管理 > 圧縮・解凍 > tar コマンド







[Note] tar コマンド

tar コマンドは、複数のファイルを1つのファイルにまとめて管理するためのコマンドです。複数のファイルを1つのファイルにまとめるだけでなく、それらの展開,あるいはまとめた後からの、ファイルの追加や削除が行えてとても便利です。アーカイブされたファイルには一般的に、「.tar」という拡張子を付けます。また、tarコマンドは本来、複数ファイルを1つのファイルにアーカイブするコマンドで、圧縮とは概念が別ですが、「z」オプションなどによりアーカイブ化と圧縮を同時に行う場合が非常に多いのが特徴です。その場合の拡張子は「.tar.gz」が一般的になっています。

実際には、下記の2つの典型例を覚えれば、大丈夫ですね。
以下では、「test_dir」というディレクトリ内の全てのファイルを1つにまとめてアーカイブ化して、かつzip圧縮をして「test.tar.gz」という1ファイルにしています。

 $ tar zcvf test.tar.gz test_dir

以下は、上記の逆で解凍及びtarボール(tarでアーカイブ化されたファイル)をカレントディレクトリに展開しています。

 $ tar zxvf test.tar.gz

linuxエンジニアは日常的に上記2種類のtarコマンドのパターンは頻繁に扱っていると思います。

また、主要なオプションは以下に挙げておきます。


オプション
機能の説明
c
新しいアーカイブを作成する
x
アーカイブからファイルを展開する
v
処理過程を表示する
f アーカイブ名
指定されたアーカイブ名を使用する
z
圧縮フィルターとして「gzip」を使用する
Z
圧縮フィルターとして「compress」を使用する
j
圧縮フィルターとして「bgzip2」を使用する
t
アーカイブの内容を確認する
u
アーカイブ内に同名のファイルがある場合、新しいものだけを追加
r
アーカイブの最後の新しいファイルを追加する
N
指定した日付より新しいファイルのみ対象にする
M
複数デバイスへの分割を行う
– delete
アーカイブからファイルを削除する




[ カテゴリ一覧 ]

 |  エディタ  |  システム管理  |  テキスト操作  |  ファイルシステム  |  ファイル操作  | 
 |  ファイル管理  |  ユーザーやグループの管理  |