linux note
     linuxのコマンドがカテゴリ別の一覧で確認できます。



 

Linux Note(トップページ) > エディタ > vi > vi の応用







[Note] vi の応用

vi の操作方法は、非常に多種多様なものが用意されています。ここでは、その詳細について、記載しておきます。

vi の基礎にて、 vi にはコマンドモードと入力モードがあることはご承知いただいていると思いますが、入力モードへの切り替えにしても、「i」だけではなく、実は以下のような種類があります。

                         


コマンド
機能の説明
i
カーソルの「前」にテキストを入力する
a
カーソルの「後ろ」にテキストを入力する
l
行頭文字にカーソルを移動し、その直前にテキストを入力する
A
行末にカーソルを移動し、その直後にテキストを入力する
o
現在の行の下に空白の行を挿入し、その行にテキストを入力する
O
現在の行の上に空白の行を挿入し、その行にテキストを入力する

                         

また、カーソル移動に関するコマンドにも以下のようなものがあります。


コマンド
機能の説明
h
1文字左へ移動する(「←」キーと同様) 3hだと左へ3文字、5hだと左へ5文字、以下 l, k, jも同様
l
1文字右へ移動する(「→」キーと同様)
k
1文字上へ移動する(「↑」キーと同じ)
j
1文字下へ移動する(「↓」キーと同じ)
0
行の先頭へ移動する
$
行の末尾へ移動する
H
画面の一番上の行頭へ移動する
L
画面の一番下の行頭へ移動する
G
ファイルの最終行へ移動する
nG
ファイルのn行目に移動する
:n
ファイルのn行目に移動する

                         


終了や保存に関するコマンドは以下のようになっています。


コマンド
機能の説明
:q
保存せずに終了する(ただし、保存するか否か確認メッセージが出る)
:q!
保存せずに終了する
:wq
保存して終了する
ZZ
保存して終了する(:wqに同じ)
:w
上書き保存する
:e!
最後の保存した内容に戻す
:r ファイル名
ファイルの内容を現在の行以降に読み込む
:! コマンド
viを終了せずにシェルコマンドを実行する

                         

最後の「:! コマンド」は、例えばvi の動作中に他のファイルを見る必要があれば、「:!cat ファイル名」のようにするということです。

                         

また、以下では編集用のコマンドをまとめておきます。


コマンド
機能の説明
x
カーソル位置の文字を削除(Deleteに同じだが、5xで5文字を削除可能)
X
カーソル位置の手前の文字を削除(Backspaceに同じだが、3Xで3文字を削除可能)
dd
現在の行を削除(10ddで現在の行以降10行を削除可能)
dw
カーソル位置から次の単語までを削除
yy
現在の行をバッファ(メモリ)にコピー
p
カーソル位置の後ろにバッファの内容を貼り付ける
P
カーソル位置の前にバッファの内容を貼り付ける

                         

さらに、以下では検索関係のコマンドをまとめてあります。


コマンド
機能の説明
/ 検索パターン
カーソルから後方に向かって指定したパターンを検索する
? パターン
カーソルから前方に向かって指定したパターンを検索する
n
次を検索する
N
逆順で次を検索する
:noh
候補のハイライト表示を解除(no-highlightの略でしょうか)
:%s/A/B/
文字列Aを文字列Bに置換する

                         

また、以下ではvi の表示設定を変更するコマンドをまとめておきます。


コマンド
機能の説明
:set nu
行番号を表示する(nu は number の略でしょうか)
:set nonu
行番号を非表示にする(no-numberの略でしょうか)
:set ts =タブ幅
タブ幅を数値で指定する




[ カテゴリ一覧 ]

 |  エディタ  |  システム管理  |  テキスト操作  |  ファイルシステム  |  ファイル操作  | 
 |  ファイル管理  |  ユーザーやグループの管理  |