linux note
     linuxのコマンドがカテゴリ別の一覧で確認できます。



 

Linux Note(トップページ) > システム管理 > CPUやメモリ、ディスクなどの情報 > CPUの種類やクロック数が知りたい!







[Note] CPUの種類やクロック数が知りたい!

これまた、Windowsユーザーでは愚問となるところですが、linuxユーザーの初心者では大きな壁となる典型的な問題ですね。

簡単なことなのですが、知らないと全く前に進みませんね。CPUの情報を取得するには、以下のようにcat コマンドで特定のファイルを確認するだけです。

$ cat /proc/cpuinfo

結果は、以下のようになります。
これはデュアルコアのXEONを搭載しているマシンの結果です。

processor : 0
vendor_id : GenuineIntel
cpu family : 6
model : 15
model name : Intel(R) Xeon(R) CPU 5130 @ 2.00GHz
stepping : 6
cpu MHz : 1995.109
cache size : 4096 KB
physical id : 0
siblings : 2
core id : 0
cpu cores : 2
fdiv_bug : no
hlt_bug : no
f00f_bug : no
coma_bug : no
fpu : yes
fpu_exception : yes
cpuid level : 10
wp : yes
flags : fpu vme de pse tsc msr pae mce cx8 apic mtrr pge mca cmov pat pse36 clflush dts acpi mmx fxsr sse sse2 ss ht tm pbe nx lm constant_tsc pni monitor ds_cpl vmx tm2 cx16 xtpr lahf_lm
bogomips : 3991.83

processor : 1
vendor_id : GenuineIntel
cpu family : 6
model : 15
model name : Intel(R) Xeon(R) CPU 5130 @ 2.00GHz
stepping : 6
cpu MHz : 1995.109
cache size : 4096 KB
physical id : 0
siblings : 2
core id : 1
cpu cores : 2
fdiv_bug : no
hlt_bug : no
f00f_bug : no
coma_bug : no
fpu : yes
fpu_exception : yes
cpuid level : 10
wp : yes
flags : fpu vme de pse tsc msr pae mce cx8 apic mtrr pge mca cmov pat pse36 clflush dts acpi mmx fxsr sse sse2 ss ht tm pbe nx lm constant_tsc pni monitor ds_cpl vmx tm2 cx16 xtpr lahf_lm
bogomips : 3989.44

一見すると、上記は同じ情報を重複して掲載しているようにも見えますが、間違いではありません。
「processor: 0」「processor: 1」というのがコアが2つあることを表しています。

また、以下はデュアルコアATOMを搭載したマシンの結果ですが、「processor: 3」まで表示されています。本当はクアッド・コアなのかな?と思ってしまいますが、このCPUはHT(ハイパースレディング)も搭載しており、このHTが事実上、1つのCPUのコアを倍にするような働きがあるので、「コア数:2」×HT=4という図式がなりたち、コアが4つあるような表示になっています。ちなみに、このCPUはWindows上で「タスクマネージャー」の「パフォーマンス」タブの「CPU使用率の履歴」という箇所をみても、やはり、コアが4つあるような表示になります。

processor : 0
vendor_id : GenuineIntel
cpu family : 6
model : 28
model name : Intel(R) Atom(TM) CPU 330 @ 1.60GHz
stepping : 2
cpu MHz : 1596.076
cache size : 512 KB
physical id : 0
siblings : 4
core id : 0
cpu cores : 2
fdiv_bug : no
hlt_bug : no
f00f_bug : no
coma_bug : no
fpu : yes
fpu_exception : yes
cpuid level : 10
wp : yes
flags : fpu vme de pse tsc msr pae mce cx8 apic mtrr pge mca cmov pat clflush dts acpi mmx fxsr sse sse2 ss ht tm pbe nx lm constant_tsc pni monitor ds_cpl tm2 cx16 xtpr lahf_lm
bogomips : 3195.11

processor : 1
vendor_id : GenuineIntel
cpu family : 6
model : 28
model name : Intel(R) Atom(TM) CPU 330 @ 1.60GHz
stepping : 2
cpu MHz : 1596.076
cache size : 512 KB
physical id : 0
siblings : 4
core id : 0
cpu cores : 2
fdiv_bug : no
hlt_bug : no
f00f_bug : no
coma_bug : no
fpu : yes
fpu_exception : yes
cpuid level : 10
wp : yes
flags : fpu vme de pse tsc msr pae mce cx8 apic mtrr pge mca cmov pat clflush dts acpi mmx fxsr sse sse2 ss ht tm pbe nx lm constant_tsc pni monitor ds_cpl tm2 cx16 xtpr lahf_lm
bogomips : 3192.22

processor : 2
vendor_id : GenuineIntel
cpu family : 6
model : 28
model name : Intel(R) Atom(TM) CPU 330 @ 1.60GHz
stepping : 2
cpu MHz : 1596.076
cache size : 512 KB
physical id : 0
siblings : 4
core id : 1
cpu cores : 2
fdiv_bug : no
hlt_bug : no
f00f_bug : no
coma_bug : no
fpu : yes
fpu_exception : yes
cpuid level : 10
wp : yes
flags : fpu vme de pse tsc msr pae mce cx8 apic mtrr pge mca cmov pat clflush dts acpi mmx fxsr sse sse2 ss ht tm pbe nx lm constant_tsc pni monitor ds_cpl tm2 cx16 xtpr lahf_lm
bogomips : 3192.27

processor : 3
vendor_id : GenuineIntel
cpu family : 6
model : 28
model name : Intel(R) Atom(TM) CPU 330 @ 1.60GHz
stepping : 2
cpu MHz : 1596.076
cache size : 512 KB
physical id : 0
siblings : 4
core id : 1
cpu cores : 2
fdiv_bug : no
hlt_bug : no
f00f_bug : no
coma_bug : no
fpu : yes
fpu_exception : yes
cpuid level : 10
wp : yes
flags : fpu vme de pse tsc msr pae mce cx8 apic mtrr pge mca cmov pat clflush dts acpi mmx fxsr sse sse2 ss ht tm pbe nx lm constant_tsc pni monitor ds_cpl tm2 cx16 xtpr lahf_lm
bogomips : 4656.25

linuxでCPU情報を表示させた時の利点は、「cache size」が表示されることでしょうか。これはCPUのキャッシュメモリの大きさです。Windowsでは、PCのメモリは確認できますが、CPUに搭載されているキャッシュメモリのサイズは確認できませんね。安いPCに使用される廉価版のCPUは同じクロック数でも、必ずといてよいほど、このキャッシュメモリを小さく絞ってあります。ですので、同じクロック数のわりには、各種プログラムの実行速度は平均的に遅くなります。逆にサーバーに使われるCPUは同じクロック数でも、このキャッシュメモリに大きめのものが搭載されている場合がほとんどです。Windowsユーザは、IntelなどのCPUメーカのサイトで確認するしかないかと思います。




[ カテゴリ一覧 ]

 |  エディタ  |  システム管理  |  テキスト操作  |  ファイルシステム  |  ファイル操作  | 
 |  ファイル管理  |  ユーザーやグループの管理  |